リノベーションとは

リノベーションとは、ひと言でいうと「建物の用途の変更」をし、新しい価値を作ることです。例えば古い民家を現代アートギャラリーやカフェといった、まったく違う用途に使えるようにリ改修することを言います。もちろん住宅に限らず、商業ビルや事務所ビルもリノベーションで生まれ変わることができます。ここでは、その実例をご紹介します。

南阿蘇  白水の古民家
退職後の生活の場所として7年にわたる場所探しの末見つけられた110年前に建てられた「水の生まれる里」白水の古民家です。
北九州からの移住です。敷地内と農地を借りて無農薬の野菜を作られています。屋根の葺き替え、一部壁の補修をしました。
入り口にあるこの部屋は床を30㎜の杉板で張りました。床にはベンガラを自分で塗られました。110年前の梁組が素晴らしい民家です。一昨年は囲炉裏の部屋に薪ストーブも入りました。
春休みや夏休みはお孫さんたちでにぎやかになります。目の前をトロッコ列車が走り、吉田城跡の水汲み場も歩いて直ぐです。
県保養施設 → 風の丘 阿蘇大野勝彦美術館
45歳の時事故で両手を失い、それでも尚、強く、明るく生きている大野勝彦先生の念願の美術館です。
「風の丘」は大野先生が星野富弘先生からいただかれた名前です。
荒れ果てていた保養施設を大改築、改修で美術館としてリメイクしました。
これは第1期改装の時のものです。
新屋敷の家
お父様が障害を持たれ、東京在住の息子さんと打ち合わせ、
バリアフリー改装を行いました。
途中、シロアリの被害も見つかり、柱を3本入れ替えました。
写真左手が居間、奥左手に寝室と便所を造りました。
合わせて、キッチンと、寒いと言われたバスルームの改装も
同時に行いました。
現場の状況、計画等Eメールのやり取りで行いました。
風の丘 阿蘇大野勝彦美術館 第3期
第2期で講演会場を改装しました。
第3期は玄関周りの改装です。もともと入り口がアプローチに対して横向きに在りましたので、お客さんの流れに合わせて向きをずらしました。
玄関周りが明るくなり、曲線を描く庇が優しくお客さんを迎えます。
周りは季節の花でいっぱいです。
個人住宅→創作野菜料理 山葵屋敷
住宅を創作料理の店に改装しました。
石組みの庭が各部屋から見えます。和室だけでなく、大正ロマンの部屋とグループで利用できる2階のピアノのある洋室もあります。




建築家:上田憲二郎氏の指揮の下やらせていただいたものです。
K画伯の玄関(2009)
20年程前にアトリエを増築させていただいたK画伯の家です。耐震診断で玄関の吹き抜けの水平補強と南面の耐震補強が必要になりました。普通は内壁を剥いでやりかえるのですが、今回は玄関周りに新しい耐震壁を造りました。水平補強はその屋根面を利用しました。解体の費用を削減した分、床に御影石、外壁に人造石で仕上げることが出来ました。

施工:(有)環境建築ホーム

熊本県熊本市上熊本にある一級建築士事務所EAF