<もやい住宅>=コーポラティブ住宅とは

西原の家
「「東京に一番近い村」西原村の公営住宅です。
これが出来るまで公営住宅はRC、CBで造られていました。
地域の特性を生かし地産地消で造られた熊本で最初の木造の公営住宅です。熊本県のHOPE計画第1号に認定されています。
広場の桜の木は役場の建て替えで伐採される予定のものを移植しました。

第39回国土建設週間 建設大臣表彰(熊本で初めての表彰でした)
小国 下城小学校(体育館)
子供たちの夢を形に!!
子供たちに夢の体育館を描いてもらい、設計に取り入れました。
前面に地域住民の活用スペースを確保し、地域住民の活用スペースとしても利用されています。山側を流れる川の涼しい風を取り入れる戸が西側には設けられました。右手はプールで監視テラスも体育館についています。
内装には小国の杉がふんだんに使用されています。
風の丘 阿蘇大野勝彦美術館
45歳のとき事故で両腕をなくされ技手で絵を描き続けられた大野先生の詩画の美術館です。もう感動の連続です!!
「もう一人の自分に逢える」がテーマです。季節の花々がいつも優しく皆さんをお迎えしています。ここから見える山々と有明海越しに見える普賢岳も圧巻です。
放置されていた県の保養所を先生が買い取り、改修されました。
熊本港UDトイレ
熊本で最初のユニバーサルデザインの公衆トイレです。
地盤沈下を続ける埋立地の為、配管の地下ピットを造り、建物の重さと同じ土砂を取り除き、地面に浮かせた構造になっています。
外周に窓は無く、屋根面からのトップライト採光と外周天井面に木製の換気ルーバーが付いています。トイレブース以外の建具が一切ありません。
海南島 BOAO プロジェクト
中華人民共和国 海南島のリゾート開発プロジェクトです。
ハワイと同じ緯度にあるため東洋のハワイを創ろうという計画です。
オーストラリアのゴールドコーストのグループ、ゴルフ場は英国のニック・ファルド、YAMAHAや食品開発会社まで巻き込んだ壮大なPJでした。
HOTEL RYUGU
玄関から入ったホールです。正面に天草の海が見えます。
窓辺は喫茶室です。鯨のしっぽの彫刻が皆さんをお迎えしています。
3層の吹き抜けの左手が旧館、右手が本館です。最上階に展望大浴場があります。当時の社長の考えで障害者用の客室も創りました。
海のやすらぎ HOTEL RYUGU
左手に天草5橋の4号橋が見えます。開通当時に建てられた本館部分の建て直しでした。左に突き出した塔は2期工事で造られた結婚式場のチャペルです。目の前にプライベートビーチ、また桟橋からはプレジャーボートによるクルージングやいるかウォッチングに行くことが出来ます。各客室から見える夕日は最高に美しい!!地元の海の幸で作られる料理も最高!
ファクトリーサイトビル
麺工場の跡地上之裏通りの核的存在
今、若者に人気の上之裏通りの中心部にあります。昔、製麺工場が在ったところに2階までを貸し店舗、3階をお母さんのための住戸としました。3階の住戸部分を通り側には見せない工夫をしました。少し掘り込んだ1階にはうどん、そばのお店と若者に人気の高松食堂、2階には美容室、フランス料理の「ルポアソ」などが入っています。美容室の明かりが道路を明るく照らしてくれます。
大劇 田崎店
2期の改装時の写真

大劇の店舗展開が始まったきっかけの店舗。
インテリアデザイナーの松永氏とのコラボで改装
亀屋ホテル華椿館
丘の上に海の見える新館=華椿館を造り、既設のホテルとEVと空中通路でつなぎました。
通路の部分に結婚式が出来る大宴会場があります。
湾曲した砂岩張りの壁で視線を遮り、別世界を作り出しました。
右の白い建物がチャペルです。
亀屋ホテル華椿館(フロントホール)
旧館と新館をつなぐフロントがあるエントランスホールです。
フロントバックは波をモチーフにしました。
床は大理石でやはり波をかたどっています。

インテリアは空間デザイナー桜井仁氏とのコラボです。
大劇 大津店
以前の建物を生かし増築した店舗です。

景観の規制のある地域ですので基調は濃いグリーンでまとめました。
パチンコ店舗としての派手さも必要なのでカラフルな迷彩模様で対応し、遠目には柔らかな色合いになるよう配慮しております。。
日興証券 阿蘇保養所
ここに説明文を記載いたします。ここに説明文を記載いたします。ここに説明文を記載いたします。ここに説明文を記載いたします。ここに説明文を記載いたします。ここに説明文を記載いたします。ここに説明文を記載いたします。ここに説明文を記載いたします。ここに説明文を記載いたします。ここに説明文を記載いたします。
レストランバーブランズ ハッチ
間口の小さなビルの最上階を利用したダイニングレストランバー
最上階という立地を逆手に取り、大きなトップライトをとり、狭さに対応しました。
奥はシート席になります。
ビルの壁はそのままのコンクリート打ち放し、新設の壁、床とも顔料入りのモルタル仕上げ。
シートはパラシュートに使用されるシルバーの生地でカバーしました。
POLA MUSASHI
熊本市武蔵ヶ丘のメインストリートにある商業ビル
2階まではフリーで入れるようにしました。
飲食や美容関係のお店が入っています。3階はオーナーの住居になっています。
イソノ装備舎+礒野邸
内装工事の会社の建物です。1階は駐車場と資材倉庫、2階、ガラス張りの部分が会社の事務所と打ち合わせ室、階段の奥が自宅用の玄関です。
3階に個室があります。
ウッディーゴルフ
木の大型集成材を使った木造のゴルフ練習場です。
音の響きや打ち損ねたゴルフボールもやわらかく跳ね返ります。
木の香りと人に優しい練習場です。
ネットの支柱は耐候製のスーチールパイプの3角トラス構造です。
風の強さに応じて光通信でネットが自動で下がります。
集成材はカナダ、バンクーバーで製作。大工さんもカナダから20名やってきて20日ほどで組み上げました。壁も杉の半割り丸太を張り上げました。
大劇菊陽店
菊陽バイパス沿いの店舗です。傾斜したホール前の庇が南の厳しい日差しを和らげています。ガスを利用した冷暖房で省エネを目指しています。砂岩張りの壁がけばけばしくない景観を創りあげています。
(今は売却され塗りつぶされて見るかげもありません)
町の風景を豊かにするには施主の理解と良い設計者が要るという良い見本です。
大劇会館(改修)
ボーリング場と映画館のビル(A。レーモンド設計)の改修
何回かの改修工事を経ていました。
1階部分に広がりを持たせたくて2階までを一体に見える
ようにデザイン。
1階はタイゲキのパチンコ店、2階は飲食店とゲーセン、
地下階は映画館の空間を利用した居酒屋が入りました。
DueSakuma
三年坂の海外ブランドのファッションビルです。
2間半間口の昔の町割りの敷地です。
狭い敷地をいかに豊かな空間とするかがテーマでした。
地階から3階までのを通りから見せるために全面を
大きくセットバックさせました。
右のRC部分はEVです。EVは「セリ」、空中を走る通路は
「花道」、店舗を「舞台」に見立てました。
その年の全国連合建築士会の最優秀作品賞をいただきました。
D.S J.P.ゴルチェ
J.P.ゴルチェのお店。
D.Sビルの地下の店舗です。
本店のイメージをそのままデザインしました。
潜水艦、海の中、海中遺跡のイメージです。
床はモルタル仕上げですが模様的にイタリア
の遺跡のモザイクを模様的に散りばめました。
テラスの床はモニターを埋め込みました。
新堀橋の家
熊本城の北の入り口、新堀橋のたもとにある住宅です。
小さい敷地ですが建物は大きく見えます。これでもローコストの住宅です。
室内も全て漆喰の壁で塗られています。
RC壁式構造で出来ています。2階に主な生活空間があります。
京町の町屋
熊本市京町の裏通りにある閑静な住宅地に在ります。昔ながらの細長い町割りの敷地に計画されました。ガラスブロックの湾曲し張り出した壁がこの家を特徴付けています。この壁は前にあるマンションからの視線を遮る役目をしています。食堂から繋がったオープンテラスを柔らかな光で優しく守ります。
京町の町屋(玄関ホール)
ここは玄関ホールです。車庫からも直接アプローチできます。白い大理石の壁と床の黒い大理石が施主のモダンな感覚をかもし出しています。
敷地奥とは高低差があったため半階づつスキップフロアーになっています。
この上に一面ガラス張りの居間があり、食堂とつながっています。
T邸
1階に親の世帯、2階に娘さんの世帯が住んでいる住宅です。
狭い2つの宅地を合わせて1軒で2世帯の住居があります。
ここは玄関ホールです。
N+I邸
親子2世帯の住居です。右側が両親の棟で左側と2階が娘さん家庭の家です。
入り口も2つあるのが見えます。ガレージから直接出入できます。北側の道路に
直接面していますので、出来るだけ閉鎖的にしました。
南側には広々とした庭に面しています。
SA邸
外壁を杉板のRC化粧打ち放しで仕上げられた住宅です。
温泉付きの分譲地に造られました。
オーナーは輸入ファッションのお店をされています。
内部にもホール、居間に打ち放しはそのまま表れています。
玄関周りの庇は鉄骨造ですが柱は白い大理石で巻かれています。
熊本での初期の作品です。
S邸
熊本市出水の住宅です。RCと木造の混構造です。
この写真は台所と食堂の部分です。
立ち仕事の奥様と椅子に座っている子供たちの視線が
同じ高さになるように台所は少しレベルダウンしています。
M邸 (芦屋)
兵庫県芦屋の六甲国定公園内の高級分譲地にあります。
敷地700坪に白い瀟洒な住宅です。
オーナーは有名ファッション商社の経営者です。
一段下がった庭にプールがあります。平屋建てですが、
地下部分に夫婦の寝室やパーティールームがあります。
「白い豆腐を切ったような」家が欲しいとの要望でしたが、
チーズを波型のナイフで切ったような家になりました。
㈱安井設計室勤務時のものです。
D.S 応接室
DUE SAKUMAビルの各店舗の統合応接室として
造られました。

海外ブランドを売るにふさわしいシンプルなデザインに
しました。
曲線のウォールの向こうはストックになっています。
ゆったりとした雰囲気でファッションを選べる空間です。
硯坂モデル住宅
硯坂の分譲地に造られたモデル住宅です。
建築家「木島安史」が選考するコンペで4件が選ばれました。
その中の1軒です。

居間はなく、家族の団欒をダイニングルームとしました。
2階は仕切りの可動家具でいろんなライフサイクルに合わせ
変化出来る間取りにしました。
公営住宅 ・ 西原の家
西原村河原の村営住宅です。6軒がひとつのクラスターを作り全体を
形作っております。
2戸1の作りです。団地内に電柱を立てず、外周に配置したり景観にも
配慮した団地です。
中央広場は地元で産する石を張りました。
垣根や仕切りはなく、なだらかな高低差で視線を遮る構成です。
もやい住宅 Mポート
熊本市津浦にみんなで建設した「コーポラティブ」の住宅です。
16戸のそれぞれ生活環境も違う人たちが集住をしている自分たちで
造り上げたマンショウンです。
土地を選定し、計画し、予算を組み、規約を作り、日々生活をしております。
ここで生まれた子供がもう18歳になりました。
元熊大教授 延藤先生の企画、指導で7社の設計事務所が関わりました。
うち3軒をやっております。
日本建築学会作品選奨受賞、NHK「クロズアップ現代」でも取り上げられました。
久保歯科
八代市の中心の通り、お城、博物館、警察署のならびにある歯科医院です。先生が名医で熊本市内、人吉や鹿児島、出水からも患者が詰め掛けてきます。オリンピック金メダリスト「野村」選手も先生にマウスピースを依頼しています。
通り側は半透明なファイバーグレーチングの壁、RCの2枚の壁で窓は見えません。円形の板のフェンスが優しく玄関へと導きます。
中央にある鉄塔は先生の趣味であるアマチュア無線用のアンテナです。昇降式で世界中と交信されています。
やまだ歯科(2009)
八代市、鏡町に出来た歯科医院です。吉田歯科医院の跡を継いだ山田先生が「やまだ歯科医院として県道沿いに新たに新設されました。
白い部分が治療室、黒い部分が患者さんの待合室です。
中央が受付となります。屋根付きの駐車場や車椅子スロープ、車椅子でも入れるトイレなど人に優しい歯科医院になっています。
高齢者優良賃貸し住宅うらら館託麻
クリニックが1階に入っています。
60歳以上の方が家族に居れば誰でも入居できます。
娯楽室や食堂も完備、オーナーがお医者さまで体調管理もお願いできます。
2LDKと1LDK中心の「高齢者優良賃貸し住宅」です。
熊本で1号の認定「高優賃」になりました。
グループホーム さくら草
1,2階がグループホームになっています。3階はショートステイ用の部屋になっています。1階は隣地にあったデイケアーの施設と繋がっています。
太陽熱を利用したOMソーラーが2セット付いています。

実施設計はOMソーラーの実績を持つ「風設計室」にお願いしました。
企画、監修のみを行いました。

熊本県熊本市上熊本にある一級建築士事務所EAF